院長ブログ

2018.01.12更新

 新長田駅近くのED外来、福井クリニックからの情報提供です。当院でも多くのED患者さんにレビトラ錠(バイエル薬品)を処方していますが、この度バイエル製薬より連絡があり、レビトラ錠の生産が追いつかなくなり、出荷停止になったとのことです。詳細は不明ですが、日本法人と海外法人における生産量の調整がうまくゆかなかったためとの憶測が流れています。

 当院では通院中や新しい患者さんのために、多くの在庫を確保しており、特に20mg錠は十分の在庫があります。レビトラ錠の代わりとしては、バイアグラフィルムやシアリス錠が適当と考えておりますが、他院に通院されている方で、レビトラ錠でなければだめという患者さんもあるかと思います。その場合、ご遠慮なくご来院ください。簡単な診察の後、処方させていただきます。

 神戸市長田区神楽町6-9-10 福井クリニック 電話078-312-0101 (駐車場あり、新長田駅から徒歩1分)

投稿者: 福井クリニック

2017.12.20更新

 新長田駅近くのAGA外来福井クリニックです。毎日たくさんのAGA患者さんの診療を通して、ここ十数年治療技術や知識を磨いてきました。最近はフィナステリド(プロペシア)からデュタステリド(アボルブ、ザガーロ)に切り替えた患者さんの数がかなり増えてきました。薬剤を変更することになった理由は、主にフィナステリドの効果が不十分であったからです。当院では初診時、切替時、その後6ヶ月後、1年後と頭部を写真撮影でフォローアップしています。全例基本的にフロジン液を併用するプログラムです。結論を言いますと、ほぼ全例の患者さんで改善が認められています。副作用に関してはいずれの薬剤においてもメジャーなものはなく、投与中止に至ることはありませんでした。

  デュタステリドはフィナステリドの効果を明らかに上回ることがわかりました。当院ではザガーロ発売以前よりアボルブの自費投与を行なっておりますので、経験が豊富です。患者さんにきちんと説明できるよう日々トレーニングしております。どうぞお困りの方は受診してください。なお、フィナステリドに比較して、費用は1.3〜1.4倍かかります。十分に納得いく結果は得られますのでぜひ、ご自分に投資されてはいかがでしょうか?

神戸市長田区神楽町6−9−10 福井クリニック

投稿者: 福井クリニック

2017.04.21更新

 バイアグラ(シルデナフィル)はED治療薬の中でもっとも古く、作用が強いのが特徴ですが、欠点の一つに取り扱いにくさがあります。錠剤は一目でそれとわかる形状で、脆くて壊れやすいのです。これまで、旅行などに携行する際に問題がありました。この欠点を補えるのが、新しく追加された剤形のバイアグラODフィルムです。水無しでも服用できる剤形で多くの薬に取り入れられているデザインです。この製品なら、携行もしやすいですし、いざという時に水がなくても大丈夫ですから、安心ですね。うれしいことに当院での価格設定は錠剤とまったく同じです。ご希望の方は処方時にぜひ、受付にお申し出ください。

バイアグラODフィルム50mg

投稿者: 福井クリニック

2017.02.01更新

 産経新聞のサイトに、大々的にネット販売偽薬の危険性について報道されおります。ぜひご一読を。

http://www.sankei.com/west/news/170201/wst1702010005-n1.html

1 ED治療薬と謳った偽薬が販売されている。

2 非常に不潔な環境で作られ、プリンターインクで着色されたりしている。

3 服用によって死亡する場合もある。

 

 また高齢者のEDには動脈硬化による疾患が隠れている場合があり、ED専門外来を持つ内科医でしっかり診察を受けるようにしましょう。

投稿者: 福井クリニック

2016.06.22更新

 2015年11月に発売予定だったグラクソ・スミスクライン社のAGA新薬、ザガーロが、2016年6月13日、おくばせながら発売になりました。この薬剤はプロペシアが5α還元酵素2型阻害薬であるのに対して、5α還元酵素1型/2型阻害薬です。男性型脱毛症に主に関係する2型還元酵素のみでなく、2種類の還元酵素をどちらもブロックします。プロペシアは男性型脱毛症の原因であるジヒドロテストステロンの生成を7割阻害しますが、ザガーロは実に9割をカットするといわれています。

 実はザガーロと全く同一成分のグラクソ・スミスクライン製の薬剤は2009年から発売されています。当院では当時からこの薬剤を用いて、プロペシアで効果不十分なAGA患者さんにおいて良好な成績を上げています。当然プロペシアの処方が優先するのですが、中にはプロペシアを服用していても、徐々にAGAが進行する患者さんがあるのは事実です。そういった場合、この薬剤は非常に役に立ちます。AGA治療において当院はこの薬剤の処方経験も豊富です。

 また副作用について考えれば、ザガーロを第一選択薬とするよりも、プロペシアと発毛剤による治療から初める方が安全かもしれません。当院では、十分な情報を提供して治療を行っています。いずれにせよ、薬剤の選択は診療において医師が決定することです。くれぐれも「薬を買いに行く」ような感覚で、医療機関を選ばないでくださいね。

投稿者: 福井クリニック

2016.03.23更新

 いつまでも若さが続くわけではなく、男性なら健康に気をつけていても50歳代に入る頃から老化を意識するようになります。髪の毛が薄くなったり、白いものが目立ち始めたり、また精力が減退してきます。それでAGA外来やED外来に来られる方も増えています。

 しかし、精神的に落ち込みがちになったり、アルコール量が増えたり、活動性が低下して贅肉が増えたり、性欲も低下すると言った症状も進んでくる場合もあります。こういった男性の更年期障害とも言える症状は、成長ホルモン(HGH)や男性ホルモン(テストステロン)の分泌低下が原因になっていることがあります。

 通常、男性更年期障害の治療では男性ホルモンの投与を二週に1度程度注射で行われています。男性ホルモン投与の適応症は「類宦官症」でテストステロンの分泌が低下し、女性的な特徴が表にでてきている男性です。男性ホルモンの投与によって筋肉の増加、性欲の亢進、精神状態の改善が見込まれます。しかし、テストステロンの投与は下垂体にフィードバックして、自分で分泌しているテストステロンに対しては抑制をかけてしまいます。そのため相当分泌低下が著明な場合以外では、自分でテストステロンを分泌させる機能は逆に低下してしまいます。

 一方、成長ホルモンの投与は、悪性腫瘍を悪化させたり、糖尿病を悪化させたりすることがあります。また成長ホルモンは自己注射しか投与方法がないため煩雑であることと、また非常に高価です。こういったマイナス面はありますが、専門知識のある医療機関で治療を行う限り、脂質代謝や非アルコール性脂肪肝炎が改善したり、また加齢による精神状態の改善がみられ、非常にメリットが多い治療です。通常薬剤の負荷テストを行い、成長ホルモン分泌不全を診断の上治療を開始します。成長ホルモン補充療法の治療効果は比較的早く現れ2ヶ月から6ヶ月程度でも確認できます。また治療中止によって起こる弊害もありません。結局、費用対効果の問題になるのですが、他の治療薬が不要になったり、アルコール消費量が減ったりすることも考えあわせると、想像以上のメリットがあります。成人の成長ホルモン補充療法は、通常保険診療の対象にはなりません。

投稿者: 福井クリニック

2016.03.09更新

 神戸、長田区の福井クリニックからEDについて情報を発信しています。

 英国のタバコパッケージの警告に「喫煙はEDの原因です」というのがあります。タバコはEDの原因であるというのは医学的には常識なのです。ところで、福井クリニックでは、ED外来と禁煙外来はほぼ同時期(1995年ごろ)に開始しました。ニコチンは脳内報酬回路で働き、ドパミン系に作用します。この脳神経系は当然セックスの快感についても関連しているため、常時タバコによって刺激されていれば、セックスの快感は低下してしまいます。

 また喫煙による血管障害もEDの原因となります。喫煙は血管内皮を障害し、動脈硬化を促進します。若いうちに禁煙することによって、セックス現役でいられる期間が長くなるといえます。ED外来では80歳代の方も来られますが、喫煙を続けた人たちにはセックスを続けることは無理です。喫煙によって失うものは、がんや心血管障害、脳血管障害、肺機能障害などだけではなく、セックスの悦びも失うことになるのです。

 当院では単にED治療薬を処方するだけではなく、生活上のアドバイスも積極的に行っています。健全な性生活を送っていただけるように福井クリニックは応援いたします。当院は新長田駅からすぐの便利な立地にあり、合理的に電子化されたクリニックです。待ち時間や周りの患者さんを気にせず受診していただけるように工夫しております。ぜひ受診してください。

 神戸市長田区神楽町6-9-10 内科・眼科 福井クリニック(電話 078-612-0101) 

投稿者: 福井クリニック

2016.01.25更新

 アボルブは前立腺肥大治療薬ですが、5α還元酵素I,II阻害剤です。製剤名はデュタステリドで、まだ新発売が遅れているAGAを適応症として厚生労働省に認可された新薬ザガーロカプセルと全く同じ成分です。

 平成27年12月14日のブログで、現在入手不可能とお伝えしておりましたが、現在、アボルブに関しては徐々に入荷できるようになっております。プロペシアやフィナステリドで効果不十分の患者さんに非常に有効な薬剤です。困っておられる方はぜひ当院を受診してみてください。JRおよび地下鉄新長田駅からすぐです。下記のオフィシャルサイトで詳細をご確認ください。

 神戸市長田区神楽町6-9-10 福井クリニック

 福井クリニックオフィシャルサイト

投稿者: 福井クリニック

2016.01.02更新

 様々な原因のED(勃起不全症)を診ていますが、よくあるのが単身赴任によるEDです。

単身赴任されているご本人はまさか、それが原因になっているとは気づきません。しかしED専門医から見れば単身赴任はEDの大きなリスクです。男性にとってセックスをするということは、そう簡単な行為ではありません。体調や様々な要因に影響を受けながら、交感神経の刺激により海綿体が充血して男性器が勃起、そして行為の間それを持続、最終的には副交感神経の働きによって射精して、完了します。実はこのように二系統の自律神経系による複雑なコントロールが必要なため、人生において長期間セックス可能な状態を保つことはなかなか難しいことなのです。

 単身赴任されている方は、性交渉の回数が減ることによって、性機能をキープできなくなってしまうのです。ある方は三年間の海外出張の間、一度も性交渉がなく、帰国後いざ奥さんに会ってみてEDに気づくといった状況でした。

ED専門外来って、どういうところか想像してみてください。バイアグラ、レビトラ、シアリスなど薬剤名を指定して、受付事務員に薬をもらうようなところでは、ED専門外来って言えますか? 情けないことに医師としての志にかける先生が処方だけなさっている診療所をたくさん知っています。彼らはEDを病気とは思っていないのかもしれません。本当のED専門外来って、どんなものだと思いますか?

 

投稿者: 福井クリニック

2015.12.26更新

 ED(勃起不全症)の治療は、約20年前に登場したバイアグラによって画期的に進歩しました。神戸では、神戸市長田区の新長田駅北側にある福井クリニック(当院)で、バイアグラ発売直後より自由診療を開始しました。バイアグラは元来、狭心症治療薬の開発過程で派生した薬剤で、副作用としての勃起作用が注目され処方薬として市場に出ることになったものです。その絶大な効果により、世界的に市場を広げましたが、当初から狭心症で使用される亜硝酸薬との併用の危険性は警告されており、あくまでも医師の処方が必要です。

 バイアグラ発売当初からED専門医としてバイエル薬品から認定され、病態を熟知して専門性の高い診療を行っています。

 現在ではバイアグラの他にレビトラシアリスも使用できます。これらの薬は肺高血圧症や前立腺肥大症にも効果があり、決して体に悪い薬剤ではありません。受付で一錠単位で薬を売るような診療所があるのも確かですが、神戸の福井クリニックでは、問診や診察所見をもとにそれぞれの患者さんに最適な、薬剤の特徴を活かした処方を行います。治療薬の選択と薬剤の用量と服薬方法を工夫することによって、最適な治療が行えるのです。

 当院は、神戸では最も早く電子カルテを導入したクリニックです。厚生労働省が電子カルテ保存について規制緩和した1999年9月より電子カルテを使用しています。この電子カルテは、多くの市販電子カルテと異なり、診療をスムーズに行うことが可能ですので、待ち時間は大幅に短縮されました。そのため、ED(勃起不全症)やAGA(男性型脱毛症)などの自由診療も保険診療と同様の流れで診療することが可能になっております。

 当院は1995年の阪神淡路大震災で周辺の建物が9割倒壊するという悲惨な状況の中で、診療をつづけ、現在は新長田駅から約150mの距離にある長田区神楽町6丁目9−10に移転して診療を行っております。長田郵便局の南側、西代寺のすぐ東隣ですので、新長田駅からのアクセスは良好です。移転新築時に、自由診療の需要が増加したため、プライバシー重視の設計を行いました。また医療情報学会に参加して、プライバシーや医療情報について研究をつづけております。ED(勃起不全症)やAGA(男性型脱毛症)の治療では、プライバシーの確保や診療情報の管理が重要です。福井クリニックなら安心してご利用になれると確信しております。

投稿者: 福井クリニック

前へ 前へ
bn_tel.png
福井クリニック公式サイト福井クリニック Facebook院長ブログ
お気軽にお問い合わせください Tel:078-612-0101